よくあるご質問

お客さまからよくお寄せいただくご質問です

  • 経絡とは何ですか?
  • 東洋医学で言う、気(エネルギー)・血(栄養)がめぐる通路のことです。皮膚、筋肉、臓腑、などをつないで全身に張りめぐらされています。体のどこかに変化が起これば その変化が経絡を通じて伝わり全身に影響します
  • 経穴(ツボ)とは何ですか?
  • 体表面を通る経絡上にあり、五臓六腑とつながっているところです。
    ツボを刺激すると、刺激が経絡に伝わって気血の流れが良くなります。
    気血の流れが良くなると、経絡の先にある五臓六腑にエネルギーと栄養が行き渡って活性化するので、臓腑に変調があっても自然に修復されます。
  • 鍼灸治療とはどんなものですか?
  • 体表面に機械的刺激(鍼)・温熱的刺激(灸)を与えて、それによっておこる生体反応を利用して、病気の予防や治療に応用するものです。
  • 痛み(病気)はどうしておきるのですか?
  • 外からの刺激(外因)と、体内の弱点(内因、不内外因)とによっておこります。いくら外からの強い刺激があっても、体内にそれを受け入れる弱点がなければ、痛み(病気)はおこりません。
    外部からの邪気の侵入により、経絡が阻害を受け気血の運行が妨げられると痛み(病気)がおこります。